押し鉄列伝(#522)
戦前D氏の視察帳 -PD氏が行かなかった東日本の駅

| 序 | @ | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S

2020年12月、ヤフオクで魅力的な集印帖の出品を見つけて、落札した。 送られてきた中の一冊に、戦前の貴重な駅スタンプが200近くも押されていた一冊があった。 戦前の駅スタンプは押印日付もわかるため、旅程を想像することが出来、とても興味深い。 そこで、この集印帖を「戦前D氏の視察帳」と呼ぶこととし、 戦前の旅人をリスペクトしながら、旅の旅程とスタンプを紹介しようと思う。

このページは、「PD氏が行かなかった東日本の駅」のスタンプを紹介する。

D氏は戦前の日本各地へ仕事で旅をしているが、その範囲は西は岡山県、東は岩手県までにとどまっている。 それよりも西や南、東や北へ行った記録は、残念ながら無いのだ。

だが当時、駅スタンプはブームの真っ最中で、日本全国の駅に設置されていた。 私はD氏が行かなかった駅の、戦前の駅スタンプも多数入手している。 3話に分けて、それらを紹介していく。 この頁では、仙台から北海道までの、東日本のスタンプを紹介する。 押印時期は昭和9年〜13年で、押印者はそれぞれ異なる。

東北本線

D氏はMで書いた様に、昭和11年1月21日に、仕事で仙台を訪問している。 D氏がこれまで訪問した一番、東あるいは北の駅である。 ただ、仙台駅のスタンプが一枚押されているだけで、おそらくトンボ返りであったと思われる。 なのでこの頁ではまず、仙台周辺の他の駅のスタンプを紹介したい。

白石駅 東北本線
孝子堂

右は東北本線、仙台少し手前、白石駅のスタンプである。 伊達政宗の家老・片倉小十郎が領した白石藩の城下町である。 白石城の天守閣が描かれそうなものだが、当時は天守閣はなかった。 維新の時に片倉家が奥州列藩同盟に関わり朝敵となったため、 城は取り壊され、そのままになっていた。再建されたのは平成になってからだ。 このスタンプには、民間の仇討ち話に関わる 孝子堂が描かれていた。

仙台駅 東北本線
伊達政宗の兜

さて、東北第一の都市、仙台のスタンプである。 D氏の押した、竹に雀の伊達家の家紋に関わるデザインのスタンプとは別に、 左のスタンプもあったようである。伊達政宗の兜が描かれ、なかなかカッコ良い。

入手した集印帖で、仙台駅のスタンプが押されているものは、 日本三景・松島へ旅した人の物が多いようだ。

松島周辺

仙台駅 宮城電鐵(現:仙石線)
伊達政宗像・竹に雀・電車

仙台駅のスタンプにはもう一種類、右のものも存在した。 これは、省線(国鉄)のスタンプではなくて、私鉄の宮城電鐵の仙台駅のスタンプである。 現在の仙石線は、当時は宮城電鐵の路線であった。国内最初の地下駅であったそうだ。

仙台から日本三景・宮島に鉄道で行く方法として、宮城鐡道(現:仙石線)に乗って松島海岸駅まで行く方法と、 東北本線に乗って松島駅まで行く方法と、2通りあるのは、昭和初期も令和の今も同じである。

塩釜駅 塩釜線
塩釜神社・松島

左に塩釜駅のスタンプを紹介して置くが、当時の「塩釜駅」に行くためには、 岩切から分かれる「塩釜線」に乗って終点まで行く、という形だった。 下に、汽車時間表・昭和9年12月号の巻頭鉄道地図の、仙台あたりを貼ったので参照願いたい。 仙台から東北本線は、岩切・利府・松島の駅順になっていた。

この辺りの線路はその後経路が変わっている。塩釜線は貨物専用線となって、 塩釜駅は、貨物専用の塩釜港駅となった。また、岩切〜利府間は東北本線の支線になった。

岩切と松島の間には、東北本線の新しい線路が敷かれ、その途中に「新しい塩釜駅」が作られた。 昭和36年のことだそうだ。今の塩釜駅は、塩釜の港から離れた山側にあるのだが、この線路付け替えの経緯に寄る。


汽車時間表昭和9年12月号/松島(2015年撮影)

松島駅 東北本線
日本三景・松島、瑞泉寺と五大堂

東北本線の松島駅のスタンプも紹介しよう。この駅には私も2度ほど行ったことがあるが、 松島の観光をするならば、この駅よりは、仙石線に乗って松島海岸駅に行った方が便利である。 松島海岸駅のすぐ前が五大堂であり、観光船の乗り場であるからだ。

この話の主人公、D氏は仙台まで出張には来たが、松島を観光した記録は残していない。 そんな時間は無かったのだろうか、ちょっと気の毒である。

羽越本線

さて話を、東北の日本海側に切り替えよう。 D氏は昭和9年12月29日、山形県の余部駅まで出張で訪問している。 そこから、陸羽西線で新庄の方に行ってしまったので、その先、さらに北の駅には訪問していない。 なので次は、ここを起点に話を北に向かって進めたい。

酒田駅 羽越本線
港の倉庫群・最上川と船・鳥海山

羽越本線を余部の駅から北に進み、最上川を渡ると酒田の街である。 江戸時代、最上川流域の米や産物を、北前船に乗せて大阪へと運ぶ港としてにぎわった所である。 スタンプにも、米を貯蔵した沢山の蔵が描かれている。背後には鳥海山が描かれている。

金浦駅 羽越本線
鳥海山・象潟・鯛

列車は秋田県に入り、日本海と鳥海山、そして芭蕉も旅した象潟の風景を眺めながら、北へ進む。 象潟の次の駅が、金浦駅(このうら)で、この駅のスタンプが有ったので紹介して置こう。

描かれているのは、鳥海山と象潟の風景なのだろうと思われる。立派な鯛も描きこまれている。 しかしこのスタンプは「野ばら社の集印帖」にも紹介されていないものであり、詳細がわからない。 「野ばら社の集印帖」も、どうも東北や北海道のスタンプの収集は不十分だったようだ。


羽越線(2015年撮影)

秋田駅 羽越本線
佐竹義堯公銅像・竿灯

さらに一時間以上、羽越本線に乗って、やっと終点の秋田駅に到着する。

秋田駅の戦前スタンプは、かなりバリエーションがあり、この他の デザインのものも存在するようである。このスタンプには、秋田の夏の祭り、 竿灯と、千秋公園にある佐竹義堯公銅像の銅像が描かれている。

奥羽本線・五能線

大館駅 奥羽本線
忠犬ハチ公銅像

秋田から先は、線路は奥羽本線となって更に北に進む。 東能代で五能線と別れ、米代川に沿って遡り、花輪線と合流して、大館駅に着く。

次は、大館駅のスタンプを紹介しよう。秋田犬で有名な大館、 スタンプには、東京・渋谷駅でご主人をいつまでもまっていたということで 当時有名だった、「忠犬ハチ公」の像が描かれている。 昭和9年に建てられ、今も大館駅前にある。

弘前駅 奥羽本線
弘前城・桜・岩木山

奥羽本線の線路は、大館からは北に進み、峠を越えて青森県へ。 津軽平野は季節によって、さくらの花や、リンゴ畑や、黄金色の稲穂や、一面の雪を楽しめる。 岩木山も見えてきて、到着するのは、弘前駅である。スタンプに描かれているのは、 もちろん弘前城の桜と岩木山である。このスタンプは昭和13年の3月17日に押されたようだが、 桜の見ごろはもう少し後、4月下旬から5月頭である。


弘前城の桜(2017年撮影)

陸奥岩崎駅 五能線
日本海・漁港・丸山公園

さて、能代から更に北上して、日本海のダイナミックな風景を楽しめる路線が、五能線である。 この五能線の、陸奥岩崎駅のスタンプを入手できたので紹介して置こう。 日本海に面した岩崎漁港の風景が描かれている。

五能線は全通する前は能代線と呼ばれ、陸奥岩崎駅が終点駅だったそうだ。 1986年(昭和61年)に簡易委託化、2005年(平成17年)に無人化された。 この駅の様に、戦前に駅スタンプが設置され、その後無人化された駅は、数知れない。

青森駅 奥羽本線
青森県地図・青森県庁

奥羽本線は弘前から北に進み、川辺駅で五能線と合流して、終点青森へと到着する。 D氏はよく出張で、京都から青森行の寝台列車に乗っていたが、終点まで通しで乗ったことは無かったようだ。 もし全部乗ったらとしたら、急行502列車は京都発10:45、青森着は翌日の7:25着なので、 所要時間は21時間半である。いかにもしんどそうだ、当時の旅は大変だった。

青森駅のスタンプに描かれているのは、青森県の地図と、当時の青森県庁の建物であった。

青函連絡船

すでに、長い長い旅を続けてきたが、この話はさらに北海道に渡らなければなるまい。 当時の青函連絡船の、青森〜函館の所要時間は4時間30分と時間表にある。

私も昔々、青函連絡船に乗ったことがあるが、所要時間はそのぐらいと記憶している。 それが今、北海道新幹線の、新青森〜新函館北斗の所要時間は、わずか1時間である。 隔世の感がある、と言うしかない。

翔鳳丸 青函連絡船

青函連絡船の中にも、記念スタンプは置かれていた。 2つほど入手できたので、紹介して置こう。 まずは、翔鳳丸(しょうおうまる)のスタンプである。 1925年(大正14年)に就航した、日本で最初の車載客船であった。 同型船に飛鸞丸・津軽丸・松前丸があり、翔鳳丸が一番船であった。 北海道への貨物・旅客輸送は、青函連絡船が主力であり、船の賑わいは相当なものであった。 翔鳳丸には一等室や食堂もあり、船旅が楽しめた。


青函連絡船(1980年撮影)

飛鸞丸 青函連絡船

飛鸞丸(ひらんまる)は、翔鳳丸に続いて就航した同型船である。 常時四隻体制で運航し、北海道への物流を支え続けた。

しかし太平洋戦争下の昭和20年7月14日、青函連絡船は、 相次いでアメリカ軍機の攻撃を受け、悉く沈没し、壊滅してしまった。 飛鸞丸では乗組員等31人、翔鳳丸では乗組員47人が犠牲になった。これらのスタンプも、船と運命を共にしたのであろう。

函館本線

函館駅 函館本線
五稜郭・トラピチヌス修道院・スズラン

長い旅路の果てに津軽海峡を渡り、やっと北海道にたどり着いた。 ここからは函館本線に乗って旅を続けよう。

まずは函館駅のスタンプである。輪郭は五稜郭の形になっており、 トラビチヌス修道院 とスズランが描かれていて、今も昔も函館のイメージが 変わっていないことがわかる。

森駅 函館本線
噴火湾・羊蹄山

Nでは、大沼駅のスタンプを紹介したが、函館を出発した列車は、 大沼と駒ケ岳の雄大な風景を車窓に見る。 さらに走ると、右手に海が広がる。噴火湾である。行く手には、富士山に似た綺麗な形の山が近づいてくる、羊蹄山だ。

やがて森駅に到着。今見てきた車窓が描かれたスタンプが設置されていた。 森駅というと、「いかめし」の駅弁が有名だが、 昭和16年の発売だそうで、このスタンプが押されたころには、まだ無かったことになる。


噴火湾と羊蹄山(2017年撮影)

虻田駅 (現:洞爺駅)函館本線
有珠山・羊蹄山・洞爺湖

次のスタンプは「虻田駅」のスタンプであるが、現在の洞爺駅である。 昭和37年に駅名変更したのだそうだ。有珠山・羊蹄山・洞爺湖への観光拠点の駅で、 私も家族でこの駅に降りたことがある。 昭和新山の火山活動が始まったのは昭和18年のことだそうで、 このスタンプが押された時には、まだ無かったことになる。

長万部駅 函館本線
エカシケンル・アイヌ文様

列車は噴火湾の海に沿ってさらに進み、長万部駅に到着する。

スタンプには、アイヌ文様と住居が描かれている。 「エカシケンル」とは、アイヌ語で「先祖の貴き家」という意味であるが、 昭和6年から14年ころまで、その名前で、アイヌ民具資料館が運営されていたそうである。 今はこういったアイヌ文化を伝える場所は、少し離れた白老などに移っている。

倶知安駅 函館本線
羊蹄山・ニセコ温泉

函館本線は、長万部からは内陸を走り、次に紹介するスタンプは倶知安駅のものである。 羊蹄山は目の前であるので大きく描かれている。 パウダースノーが有名で、外国客がニセコのスキー場に押し寄せていたが、 令和2年のシーズンはコロナで全く振るわなかった。次の冬のスキーシーズンには、 賑わいは戻るであろうか。

小樽駅 函館本線
港・客船・古代文字

函館本線は再び日本海側へと出て、港町・小樽へと到着する。 函館から小樽までの所要時間は、7時間半である。 まったく当時の日本は広く、旅は大変であった。

小樽からは、当時日本の領土であった、樺太・大泊港への船が出ていた。 スタンプには港と大きな船、カモメが描かれている。

さて、20枚余りのスタンプを紹介しながら、仙台から小樽までやってきた。 北海道はまだ道南に来ただけで、この先、札幌・旭川・稚内への道北方面、 帯広・釧路・根室の道東方面へと線路が伸びている。

しかし、このページは小樽で切り上げることとする。 実は別の方で、昭和9年の夏に北海道を2週間に渡って旅し、 スタンプを100枚以上押された方の集印帖を入手している。 そちらも大変貴重な記録なので、このD氏の話を終えた後、 別途「戦前S氏の北紀行(仮)」 として紹介したいと思っている。北海道の戦前スタンプの話は、そちらへつづけるので、ご期待頂きたい。


D氏が行かなかった東日本の旅、いかがであっただろうか。 次のQでは同様に、D氏が行かなかった中日本(東京から名古屋の駅)について、 いくつかスタンプを紹介したいと思っている。 (→つづく)


後旅 | 前旅 | 次章 | 前章 | 地区頁

後旅 | 前旅 | 次章 | 前章 | 地区頁