押し鉄列伝(#556)
キップ印ファイルL北東北編

| 目次 | @南九州 | A北九州 | B山陽 | C四国 | D山陰 | E関西 | F東海 | G北陸 | H甲信越 | I南関東 | J北関東 | K南東北 | L北東北 | M北海道 | 追補

国鉄の「一枚のキップから」の旅行キャンペーンは、1977年の2月から始まった。 この時、全国の主要駅380駅に「一枚のキップから」のロゴマークが入った駅スタンプが一斉に設置された。 しかし、1978年の10月からは次の「いい日旅立ち」のキャンペーンが始まり、スタンプが切り替えられたため、 僅か2年の短命に終わったスタンプであった。私は、このスタンプが100枚押された貼込みファイルを、 ネットオークションで入手したことがきっかけで、収集を始めた。ここでは略称で、「キップ印」と呼ぶことにする。

このページでは、コレクションのうち、北東北の駅を紹介する。

キップ印を紹介しながら日本中を回るこの企画も、いよいよ本州の最北、 北東北の地までたどり着いた。 この地方は、割と早い段階から、スタンプの収集が出来ていたし、 押し鉄仲間の皆さまにご協力をいただいき、かなり収集が出来た方だと思っている。 しかし、まだ未収集の駅がいくつかある事も認識している。 もし今後入手できれば、さらに補完して行きたいと思っている。

前回「南東北編」では、羽越本線を北上し、象潟駅で終わっている。 今回は、そのまま羽越本線を終点まで行き、秋田駅から話を始めようと思う。 秋田県、岩手県、青森県と旅し、本州の北端まで行ってみよう。

男鹿線・田沢湖線・奥羽本線


秋田駅 (奥羽本線)
竿灯・秋田おぼこ・入道崎

羽越本線の終着駅、秋田駅に到着、ここから旅を始めよう。 キップ印は、外形が独特の形をしているが、これは蕗(フキ)の葉の形であるらしい。 中には、やはり秋田を代表する祭り、竿灯まつりの様子が真ん中に描れている。私が竿灯を見入ったのは1994年の夏の事で、 もう四半世紀も前のことだ。数十の竿灯を一斉に夜空に向かってかがけた様子は、素晴らしかった。

またもやこの書き出しになってしまうが、 今年2021年の竿灯は、他の多くの祭りと同じ様に、コロナ禍で中止であった。 来年はぜひ復活を願いたい。

男鹿駅 (東北本線)
なまはげ・男鹿半島

これから、秋田周辺の駅のキップ印を順に見て行くが、まずは秋田駅から北に進み、 男鹿半島へと線路が分かれて行く、男鹿線に行ってみよう。

その終着駅・男鹿駅にキップ印があった。描かれているのはもちろん、この地方の伝統行事、 「なまはげ」である。お正月に、恐ろしい鬼の面をかぶった「なまはげ」役の人が各家を回り、 子供たちを恐れさせるという行事だが、この由来は一体なんなのだろうか。もしかしたら、 遥か昔の日本の歴史の一部を伝えているのかもしれない。



1978年8月18日
そこかすろうさん押印
角館駅 (田沢湖線)
武家屋敷・雲のじゅうたん

秋田駅に戻り、今度は奥羽本線の列車に乗って、大曲方面に行ってみよう。 さらに、田沢湖線へ進もう。今ならこのコースは、秋田新幹線が走っているが、 キップ印の当時はまだ電化されておらず、秋田から盛岡へは「急行たざわ」が走っていた。

それで、古き佐竹氏の城下町、角館へ。キップ印には武家屋敷が描かれている他、 「雲のじゅうたん」の文字がある。 1976年に放送されたNHKの朝の連続TV小説で、浅茅洋子が主演したドラマの名前である。平均視聴率40%という大人気ドラマであった。 角館が舞台であったので、キップ印の制作とちょうどタイミングが合ったので、盛り込まれたのであろう。

印影は、現地で1978年にそこかすろうさんが押されたものをご提供いただいた。感謝申し上げる。


角館/2017年撮影

横手駅 (奥羽本線)
山と川のある街・かまくら・送り盆・梵天

大曲まで戻って、奥羽本線を南下し、あと2つばかりキップ印を紹介したい。 まずは横手駅のキップ印である。

横手は豪雪地帯で、冬になると,雪をくりぬいて「かまくら」を作り、 その中で過ごすという行事が有名であり、キップ印にはもちろん描かれている。 でもその他にも、冬の「梵天」とか、夏の「送り盆」とか、いろいろ年中行事があるようで、 それらが描き込まれている。



湯沢駅 (奥羽本線)
まなぐ凧・七夕絵灯ろうまつり・天っこまつり

さらに南下し、湯沢駅へ。湯沢の夏の祭りは、七夕絵灯ろうまつりが有名である。 若き日に私が湯沢の街を自転車旅で通りがかったとき、大きな笹の木が街中の通りに掲げられ、 七夕飾りの短冊が沢山つけられて、風に揺れていたのが印象に残っている。

キップ印でめだつ「まなぐ凧」は、江戸・元禄時代から200年続いている、竹と和紙で作る凧。 「まなぐ」とは目玉の事で、武者や歌舞伎役者が、目を見開いている顔が大きく描かれるのが特長である。

このまま奥羽本線を南下すると、雄勝峠を越えて山形県に入るが、今回はここまでで戻ろう。

北上線・東北本線

次は、岩手県のキップ印を見ていく。
奥羽本線を横手まで戻り、北上線に乗り換えて、奥羽山脈を越えていこう。

陸中川尻駅 (現:ほっと湯田駅/北上線)
湯本温泉・湯川温泉

その途中の山の中にあるのが、陸中川尻駅。現在の「ほっと湯田駅」である。 良く知られた温泉地で、キップ印にも湯元温泉・湯川温泉の文字があり、 温まって極楽極楽のオジサンが描かれている。

今は駅舎の中に温泉があって、次の列車を待つ間に温まることが出来る。 しかし前回私が行った時は、短い停車時間があって、その間にスタンプが押せてしまったこともあり、 温泉に入らずじまいである。次回はぜひ入浴したいものである。



北上駅 (東北本線)
おにけんばい

この北上線を、終点まで乗っていくと、東北本線の北上駅に出ることが出来る。

キップ印には「おにけんばい」、漢字にすると「鬼剣舞」の舞の時につける鬼の面が描かれて、 迫力満点である。古くから伝わる念仏踊りの一種だそうだが、鬼の面が確立したのは昭和初期であるそうだ。 今は、夏に行われる「みちのく芸能祭り」で披露されるが、2021年はコロナ禍のため、こちらも中止であったそうだ。

平泉駅 (北陸本線)
中尊寺金色堂・毛越寺庭園

北上駅から少し東北本線を南下して、歴史ある平泉駅のキップ印も紹介して置こう。

奥州藤原氏4代百年の都だった平泉。優秀な馬が取れたり、金が取れたり、 豊かだった、このみちのくの中心地には、 平安京にも匹敵するような豪華な建物が建てられ、大いに栄えた。 その後、源頼朝に疎まれていた、弟の源義経を匿ったのが原因で、 奥州藤原氏は滅び、平泉の都も消滅した。 しかし今でのその名残は、中尊寺金色堂や、毛越寺の庭などで感じることが出来る。 キップ印は、そんな名所を描いている。



平泉/2016年撮影


花巻駅 (奥羽本線)
雨ニモマケズ風ニモマケズ

平泉駅からは、また東北本線の折り返しの列車に乗って、北上しよう。 北上駅も過ぎて、次に紹介するのは、花巻駅のキップ印である。

右側に「雨ニモマケズ風ニモマケズ」と、この地で農業指導を行っていた宮沢賢治の詩碑が描かれている。 左側は「鹿踊り」の様子である。鹿の頭部を模した仮面をかぶり、太鼓を叩いて踊る伝統行事で、 これも念仏踊りが起源とされている。東北地方の各地に伝わっているそうである。

釜石線・山田線・久慈線・岩泉線

花巻からは、釜石線で東に進むと、三陸方面へと抜けることが出来る。
次は、三陸の各駅のキップ印を見て行こう。

遠野駅 (釜石線)
民話の故郷・遠野物語

花巻駅を出た、釜石線の列車は、東へと走っていく。 車窓は長閑な田園地帯で、やがてその風景の中に街が現れる。 民話の故郷として知られる、遠野である。

キップ印に書かれている「遠野物語」とは、 民俗学者の柳田国男が、遠野に古くから伝わる民話をまとめて紹介した本である。 遠野には、カッパの他にも座敷わらしとか、オシラサマとか、不思議な伝説が残っていた。 遠野出身の友人からその話を聞いた柳田は、強く惹かれ、何度も遠野に足を運んだ。



釜石駅 (釜石線)
釜石大観音・三陸の海

遠野を過ぎた釜石線の列車は、少しづつ山に入っていき、峠を登り始める。 やがて登りつくし、鉄鉱石を産出した鉱山の跡を過ぎると、 急激に坂を下って、三陸の海へと出て行く。鉄鉱石はこの鉄道で釜石へ運ばれ、鉄へと精錬されたいた。

釜石駅に到着。キップ印はちょっと絵が稚拙な感じだが、釜石大観音と三陸の海が描かれている、

宮古駅 (宮古線)
浄土ヶ浜の遊覧船

今は、第三セクターの三陸鉄道・リアス線に一本化された、三陸の鉄道路線だが、 キップ印の国鉄の頃は、久慈〜宮古の久慈線、宮古〜釜石の山田線、釜石〜盛は盛線と、 3つの路線に分かれていた。JRからの移管後、 東日本大震災を経て、今の形になったのは本当に良かったと思う。

ここでは、当時の山田線に乗って北上し、まず宮古駅へ立ち寄ろう。 宮古駅のキップ印は、押し鉄の先輩・江戸川台さんが1978年に押された印影をいただいた。 感謝申し上げる。浄土ヶ浜を行く遊覧船が描かれている。


1978年10月28日
江戸川台さん押印


浄土ヶ浜/2020年撮影


譜代駅 (久慈線)
北緯40°東端の村・陸中海岸国立公園

宮古駅から北は、今度は久慈線である。この路線でさらに北上して行こう。 トンネルの多いこの区間であるが、それでも東日本大震災の津波は襲い掛かり、 大きな被害を出した。海沿いの駅はほとんど壊滅し、長い時間を擁して復興した。

譜代駅は、そんな駅が多い中、内陸にあるために津波被害を受けなかった数少ない駅である。 この駅にキップ印があった。でも描かれているのは三陸の海に登る朝日と、漁業の人々である。 海は、あんな恐ろしいことを起こすこともあるのだが、 一方で、人々に大きな恵みを与えてくれている存在でもある。

久慈駅 (国鉄バス)
陸中海岸国立公園・三船十段

その三陸の海を車窓に眺めながら、久慈線の終点、久慈駅に到着。 なぜか鉄道の久慈駅には、キップ印は設置されていなかったのであるが、 国鉄バスの久慈駅にキップ印が存在していたので紹介する。

荒々しい三陸の海をバックに、雄々しく柔道着で立つこの人物は、 この地出身の柔道家、三船久蔵。最高位の十弾を与えられ、名人とも呼ばれた。 小柄な体型ながら様々な技をあみ出し、神様の様に強かったという。 記念館があるようだ。


久慈という所は、海岸線に沿って南北に鉄道はあるが、 県庁所在地の盛岡など、西の内陸方面に行くのは不便なところである。 そこで昔から国鉄バスの路線があり、今もそれを引き継いだJR東北バスが、 盛岡や二戸へ高速バスを走らせている。

1978年10月28日
江戸川台さん押印
岩泉駅 (岩泉線:廃線)
うさぎこうもり・早坂高原

今は廃線になってしまったが、盛岡と宮古を結ぶ山田線の途中、 茂市駅から分岐して岩泉駅までを結んでいた、岩泉線が存在していた。 久慈駅から、その終点・岩泉駅を結んでいたバス路線もあった。 1978年の江戸川台さんは、このバスを利用したそうである。 我々もこのバスを使って、岩泉駅に行くことにしよう。 乗ったことが無いので、どんな車窓かは想像するしかないが、 川沿いに、山の中へ登って行ったのに違いない。

その岩泉駅のキップ印が左の物。江戸川台さんに頂いた。 気になるのは「うさぎこうもり」という記載である。 洞窟などに住み、とても耳が長いので、この名前が付いたのだそうだ。 今は絶滅を心配されているという。

花輪線・国鉄バス

廃線になってしまい、私は乗ることが出来なかった岩泉線。ここではその列車に乗ったつもりになって、 まずは茂市駅に出よう。そこから山田線に乗り換え、山を越えて盛岡へと旅しよう。 山田線は今ではとても列車本数が少ないが、当時このように乗ったら、どれほど時間が掛かったのであろう。

次は盛岡から、十和田湖を目指したい。

盛岡駅 (東北本線)
南部鉄器

山田線の列車に長々と乗って、ようやく盛岡駅に到着。 キップ印には、南部鉄器の鉄瓶が大きく描かれている。 江戸時代、盛岡藩・南部氏の殿様が、京都から釜師を呼び、 盛岡で茶の湯用の湯釜を作らせたのは始まりという。 今は、水沢市がその中心となっている。

十和田湖を目指すために、東北本線から花輪線に入っていく列車に乗ろう。 岩手山の雄姿を左手の車窓に見ながら北上し、好摩から花輪線へと入っていく。


十和田南駅 (花輪線)
十和田湖・八幡平

花輪線も、車窓の自然が美しい路線で飽きないのだが、 湯瀬温泉・鹿角花輪と、結構長い間乗らなければならない。 十和田への観光拠点、十和田南駅は、その先にある。

キップ印には、十和田湖と八幡平に咲く水芭蕉が描かれている。 水芭蕉だけだったら、登山などしなくとも、 ここまで来る間の花輪線の車窓から、咲いているのを見ることが出来る。


十和田湖/1986年撮影

休屋駅 (国鉄バス/現・JRバス十和田湖駅)
国立公園 十和田・八幡平

ここから国鉄バスに乗って、十和田湖を目指そう。 私は十和田湖には、若い頃一度だけ、自転車旅行で行ったきりである。 青森側から登り、湖を見て、この十和田南の側に降りてきた。 とても静かで美しい森と湖の様子は、今も脳裏に焼き付いているが、 ぜひもう一度訪問したいものである。

国鉄バスは峠を越え、眼下に十和田湖が見えてきた。 終点の「休屋」というバス駅に、キップ印が設置されていた。



1989年7月30日押印
購入印影
もともとの地名からつけられた、休屋というバス駅名は、 なかなか情緒があって良い名前だと思うが、遠くから来る旅行者にとっては、 ちょっとわかりにくい駅名でもある。そこで、1980年に、このバス駅の名称は、 「十和田湖駅」と改められた。キップ印も、新しい駅名の物が作り直されている。 こちらも入手できたので、紹介して置こう。

ただこの印影は、その後1989年になって押されたもので、既に国鉄がJRに変わった後だった。 そのため「国鉄」の2文字は削り取られており、その跡がなんとなくわかる状態となっている。

酸ケ湯温泉駅 (国鉄バス)
八甲田国定スキー場

バス路線はこの先、十和田湖の周囲を回って北側に進み、酸ケ湯温泉を経由、 八甲田の山々を越えて、青森駅まで続いていた。

その酸ケ湯温泉のバス駅にも、キップ印が設置されていたので紹介して置こう。 この印影は、ソリティアさんからご提供いただいた。感謝申し上げる。 なぜか、一枚のスタンプの中に「国鉄バス」という文字が3か所も入っている。 よほど、国鉄バスを強調したかったのか、どうしてこういうデザインになったのだろうと思う。


ソリティアさんご提供

酸ケ湯温泉駅を出たバスは、その先も八甲田の森の中を進み、山を越え越え、 青森駅を目指して走った。

東北本線・奥羽本線・五能線・津軽線

この北東北編の最後は、青森県の各駅のキップ印の紹介である。
酸ケ湯温泉から北上し、山を降りてきた国鉄バスは、青森駅へ到着する。


青森駅 (東北本線)
八甲田・奥入瀬・十和田・りんご

青森駅のキップ印には、青森県の地図の上に、十和田湖や、奥入瀬、八甲田などの観光地が描かれている。 青森駅がある所には、赤いリンゴが描かれている。非常に説明的なデザインである。

北海道に渡るには、ここから青函連絡船に乗っていくわけだが、 その前に、この青森駅周辺のキップ印を順に紹介して行こう。

浅虫駅 (東北本線/現:青い森鉄道・浅虫温泉駅)
浅虫温泉

まずは東北本線を八戸方向へ乗る。今は新幹線が開通したために、第三セクター・青い森鉄道の路線になっている。 左手に陸奥湾の海を見ながら30分ほど、浅虫駅に到着。有名な温泉地であり、今は浅虫温泉駅へと、駅名も変更になっている。

浅虫温泉の歴史は古く、平安時代に慈覚大師により発見されたという。キップ印にはもちろん、温泉街の様子が描かれている。 今は、駅近くに立ち寄り湯もあるので、ちょっと長旅の疲れを癒していきましょうか。



ソリティアさんご提供
大畑駅 (大畑線:廃線)
本州最北端の駅

さて、寄って置かなければならない駅がある。行くのは結構、大変である。 まず、東北本線の列車に再び乗って、野辺地駅で下車。 ここで大湊線に乗り換える。さらに途中の下北駅で下車し「大畑線」に乗り換える。 下北半島を縦断、18km走ってたどり着くのが、終点・大畑駅えある。 ソリティアさんにご提供いただいたキップ印には、「本州最北端の駅」とある。 描かれた漁船は、沢山電照灯があるからイカ釣り船だろうか。

この大畑線はその後、1985年(昭和60年)に国鉄から下北交通に移管された。 その後も乗客数は伸びず、2001年に廃止された。 なので私は、ほとんどこの路線の事を知らない。なんだか幻のように感じる。

弘前駅 (奥羽本線)
弘前城・ねぷた

下北半島の果てまで行ってしまったが、再び列車を乗り継ぎ、青森駅に戻ろう。 そして次は、奥羽本線の列車に乗って30分ほどの、弘前駅に立ち寄って行こう。

津軽の中心都市で、津軽氏の城下町だった弘前。 何と言っても桜の頃の弘前城は、本当に美しい。 はらはらと散る桜の花びらを見ながら、津軽三味線の演奏を聴いた体験は、 なんとも印象的で忘れられない。キップ印には「ねぷた」と共に描かれている。



弘前城/2017年撮影


五所川原駅 (五能線)
斜陽館

弘前から五能線の列車に乗車し、もう一枚キップ印を押しに行っておこう。 川部で奥羽本線から分かれて、暫く走る。 岩木山が近づき、車窓にはリンゴの実がたわわに実っている様子が広がる。 そうしているうち、五所川原駅に到着。

五所川原駅のキップ印に描かれているのは、太宰治の生家、今は文学館となっている斜陽館である。 ただここに行くには、津軽鉄道に乗って金木まで行かなければならない。 まあ地域を代表する駅なので、この図柄が選ばれたのだろう。

三厩駅 (津軽線)
竜飛灯台・北海道

青森駅に戻り、今回最後の駅、津軽線の終点・三厩駅へと旅を進めよう。 北海道新幹線の開通前、「津軽海峡線」とも呼ばれていたこの線。 私も何度か、在来線の特急で青函トンネルを越えたし、快速「はまなす」に 袋に入れた自転車を持ち込み旅をしたっけ、懐かしい。 今回は青函トンネルにはいかず、終点の三厩駅まで旅をしよう。

残念ながら今は、無人駅になってしまった三厩駅。本州の最北端の、旅情深い駅だ。 キップ印には、竜飛岬の灯台と津軽海峡、そして北海道の大地が描かれている。


秋田・岩手・青森のキップ印を見てきた今回は、26枚・25駅のスタンプを紹介出来た。
「北東北編」は、これで終わりである。次はいよいよ、津軽海峡を越えて北海道へ渡る。
北の果ての、この長いキップ印の旅の終着駅を目指して行こう。 (→つづく)


後旅 | 前旅 | 次章 | 前章 | 地区頁

後旅 | 前旅 | 次章 | 前章 | 地区頁