JR東日本仙台支社地区・スタンプ収集旅日記(#311)
第17章 杜の都の鉄道むすめ -空港アクセス線-

(→水戸支社印・第9章から続く)

2017年4月1日(土)、不通だった常磐線の小高〜浪江間の運転が今日から再開されるという事で、 その日に乗るということがメインの目的だった今回の旅。
  でも実は、サブの目的がもう一つあった。 それは、現在行われている「つなげて全国"鉄道むすめ"巡り」 のラリーのスタンプのうち、仙台にある2つを集める事であった。この日、仙台駅前のホテルで早起きした私は、常磐線に乗りに 行く前に、まず仙台市営地下鉄東西線に乗りに行ったのであった。

現在、仙台市の地下鉄は、仙台駅で交差する南北線と東西線がある。 このうち、東西線の一番西側(海に近い側)の終点の荒井駅に、鉄道むすめのスタンプが置かれているそうだ。 なので6:22仙台駅発の、東西線・荒井行きに乗る。2015年の12月に開業した路線で、駅構内も車両も真新しくて気持ちが良い。 睡魔に襲われ、うつらうつらとしながら乗車14分。終点・荒井駅に6:36着。

荒井駅 (仙台市営地下鉄・東西線)
鉄道むすめ・青葉あさひ

地上に上がって改札を出たすぐ横に、 鉄道むすめ・青葉あさひさんのスタンプがあった。 キャラクター設定としては、地下鉄の運転士。名前は東西線の「青葉山駅」と、南北線の「旭ヶ丘駅」から。 駅構内の案内ポスターなどにキャラクターの絵が使われており、すでに何か所かで見つけた。

荒井駅は、仙台の街の西の端で、海に近い。もう少し先は荒浜地区であり、東日本大震災で津波被害のあった所だ。 地下鉄は当時建設中で、今駅舎のある場所も被害があったが、建設は続けられて2015年に開業。きっとこれから復興に大きな力になる鉄道だろう。

さて、これから本題の常磐線に乗りに行くため、まずは6:45の八木山動物公園行きに乗って仙台駅に戻る。 仙台駅には、7:03着。

ここからは、南北線に乗り換えることにした。地下の階層を一階上がって、南北線のホームへ。 ここから少し南に行き、長町駅で東北本線に乗り換える事にしよう。その方が歩く距離が短くなるし、 少しは南北線にも乗ってみたい。7:12発の列車に乗り、長町駅には7:20に着いた。

長町の駅を歩いていたら、羽生結弦選手のポスターが目立っていた。 ちょうど今日、2017年フィギュアスケート世界選手権の、フリープログラムが行われる。 2日前のショートプログラムはミスがあり5位と出遅れたが、果たして巻き返し成るか。 フィギュアスケートの大ファンである私は、とても気になっている。仙台の人たちも、 この街出身のヒーローの活躍が、気になっているに違いない。

7:30発のJR東北本線・白石行に乗って、常磐線の復旧区間への旅を始める。 前章に書いたような旅をして、本日やっと列車が走るようになった浪江駅まで行った。 相馬や原ノ町の街を散策し、歴史に触れた。原ノ町16:15発の列車に乗り、仙台方面に戻って来た。

あと本日の目的で残っているのは、仙台空港アクセス鉄道にある、鉄道むすめのスタンプを押す事。 その乗換駅である名取駅に、17:19着。

美田園駅 (仙台空港アクセス鉄道)
がんばろう!東北・駅舎

仙台空港アクセス鉄道は、 名取から仙台空港駅までの7.1kmの路線で、開業は2007年。全線高架の新しい鉄道だ。 この鉄道が開通する前、私は出張のときに空港から仙台駅までバスに乗った事が何度かある。 時間がかかっていたので、この鉄道の開通後に初めて乗った時は、 便利になったと感動した記憶がある。

途中に駅が2つある。駅スタンプが有るらしいが一度も立ち寄る機会が無かったので、 今回寄って行こう。まずは17:43発の列車で、2つ先の美田園(みたぞの)駅まで 乗っていく。17:48、そろそろ黄昏の時間である。

高架のホームから先を眺めると、海の方にチラホラと、かつての松並木の名残の木が見える。 東日本大震災の時、あの向こうの海から、仙台空港に2mもの高さの津波が押しよせ、空港は閉鎖に追い込まれた。 この鉄道もまた、トンネルになっている区間が水没し運休。運行再開できたのは半年後であった。 前回私がこの鉄道に乗ったのは、ちょうどその再開の頃の出張であった。

美田園駅の周辺には新しい住宅が広がっている。ニュータウンの趣だ。改札で駅スタンプを押させてもらうと「がんばろう!東北」 と書かれたスタンプが出てきた。これは、震災後に「みちのく鉄道応援団」 が寄贈したもので、今、東北各地の駅に置かれている。

杜せきのした駅 (仙台空港アクセス鉄道)
がんばろう!東北・駅舎

18:03発の仙台行に乗って一駅戻り、杜せきのした駅へ18:07着。 ジグザグに動いているのは、もちろん駅スタンプ収集の効率を考えてのことである。 駅の目の前には、巨大なイオンの名取ショッピングモールが煌々と輝いている。 とても都会的な風景だが、ここも震災の時は被害を受けて一時閉店したそうである。

改札に行くと、ここにも「みちのく鉄道応援団」が寄贈したスタンプが置かれていた。 駅舎と車両が描かれていた。

ただ、空港アクセス鉄道の会社としてもスタンプは設置していて、少し古い物では あるが揃えることが出来たので、下に示して紹介しておこう。この赤い小さめのスタンプである。

さていよいよ、18:13の列車で、最終目的地・仙台空港へ向かおう。

仙台空港駅 (仙台空港アクセス鉄道)
がんばろう!東北・飛び立つ飛行機

ホームに入って来た列車は、これから押しに行こうとしている鉄道むすめ、 杜みなせさんのラッピングがされた列車であった。この鉄道では、鉄道むすめの 活用はとても積極的なようで、こうしたラッピング車両の他、駅のポスターや自動販売機の デザインにも取り入れられており、とても沢山キャラクターを目にする。

18:19、仙台空港駅着。ホームの向こうに、波打つような銀色の、仙台空港の建物が輝いている。

まずは「みちのく鉄道応援団」の寄贈スタンプを紹介しよう。震災後半年、この鉄道が復旧した頃の 出張の時、初めてこのスタンプを押したが、なんだか涙が出る程嬉しかった記憶がある。

さて、目的の「鉄道むすめ」スタンプは、改札脇の案内所にあった。すごい人気であり 私の他にも何人かのファンが押しに来ていた。

仙台空港駅 (仙台空港アクセス鉄道)
鉄道むすめ・杜みなせ

仙台空港アクセス鉄道の、鉄道むすめは「杜みなせ」さん。 設定としては、運輸司令員ということで、なかなか責任あるポストである。姓の「杜」は「杜の都・仙台」や「杜せきのした駅」に由来。 名前の方は(み)美田園(な)名取(せ)仙台空港駅と、駅名の頭文字を取ったのだそうだ。

これで、目的を全部果たすことが出来た。あとは、20:00発、中部空港行き、ANA370便に乗って名古屋に帰ろうと思う。 その前に、夕食を食べて行こう。木曜日から仕事もしての2泊3日の旅で、流石に疲れた。ちょっとゆっくりして行こう。

どこで夕食を食べようかと思い、空港ターミナルビルの中を歩く。仙台らしく、七夕祭りの飾り付けがされていて とても綺麗だ。初めて私が仙台に来たのは学生時代の自転車旅行で、もう35年前の事である。 ちょうど七夕祭りが開催されていた。以来何度も仙台には来ているが、あれが原点だった、とても懐かしい。

お店を決め、牛タンカレーを注文した。正直そんなに期待していなかったのだが、 これがすこぶるおいしく、お肉もいっぱいで、驚いた。これはまた、ぜひ食べに来なきゃと思った。

名古屋への飛行機は、小さなプロペラ機で、乗客もそんなに多くなかった。もう完全に夜の空 なので窓の外はまっくら。私は疲れから眠りに襲われて、中部空港まであっという間であった。 21:20、中部空港セントレア到着。

私はスマホの機内モードを切って、気になっていた世界フィギュアスケートの結果を確認した。 羽生結弦選手は、私が空を飛んでいる間に、またしても自らの持つフリー世界歴代1位の得点を更新し、 逆転優勝を果たしていた。まさしく絶対王者だけの成せる業、すごいとしか言いようがない。 彼の故郷、仙台の人たちは熱狂しているだろう。故郷の復興を元気付けるのに、これほどの貢献は無いだろう。

私は旅を終え、自宅には22:30頃に帰宅した。


後旅 | 前旅 | 次章 | 前章 | 地区頁 | 扉頁

後旅 | 前旅 | 次章 | 前章 | 地区頁