私鉄スタンプ収集旅日記・名古屋地区(#155)
    第1話 思い出の沿線 -養老鉄道-

JR各社のスタンプを押して旅をしているうちに、収集が進んだのはいいけれど、 まだ押していないスタンプは、だんだん自宅から遠い所ばかりになってきた。 そうなると当然、旅は大掛かりになってきて、何日も宿泊して出かけないと 思いが達せられなくなってきた。手軽に旅に出られなくなってきて、 なんだか窮屈になって来た。

たまには、 その日に思いついて、ぶらっと散歩にいくような 気分で出かけたくなることもある。

2011年11月03日(祝)、そんな気分になり、家から近くの私鉄沿線も回って みようかと思った。選んだのは、養老鉄道 である。この鉄道は、関西本線の桑名駅から分かれて濃尾平野の西の端を北上し、 東海道本線の大垣駅に達している。何度か乗った事があるが、大垣から先、さらに北上して 揖斐まで行く区間には未乗車である。最近スタンプが何駅かに設置されたらしいが、未押印である。 名古屋から気軽に出かけて1日過ごすには、ちょうど良い目的地である。

10:30、桑名駅に着いた私は、近鉄の窓口で、右の「養老線休日フリーきっぷ」を購入した。 1000円で、養老鉄道が乗り放題である。養老鉄道の料金はローカル線の常で少々高いので、 今日のような旅をするには、フリー切符が一番である。桑名駅の養老鉄道のホームは、近鉄の ホームの向かい側で、フェンスに区切られて入口がある。養老鉄道はかつて、 近鉄の一路線だったためである。

多度駅
多度大社

10:45発の大垣行に乗り、桑名を離れる。NTNの工場などがあるが、 その先は、左手は養老山脈の山、右手は濃尾平野の広がりの中揖斐川が流れる、 長閑な風景になる。

11:04、桑名から4つ目の、多度駅に到着。単線なので、この駅で 逆方向の列車との行き違いをする。養老鉄道では数年前に、統一した シャチハタの駅スタンプを設置していて、多度にはそのスタンプが ある。行き違いの時間を利用して押してくる。

スタンプに描かれているのは、多度大社 である。毎年5月に行われる「上げ馬神事」 のお祭りは、急な坂を騎馬の少年が駆け上がる勇壮なお祭りである。

私には、そのお祭りに思い出がある。高校生の時、名古屋から自転車に乗ってこの お祭りを見に来たことがあるのだ。1979年のことだから、32年も前の事だ。 それが初めて自転車で三重県に入ったサイクリングであり、当時ずいぶん遠くに 行けたものだと、自信をもった記憶がある。養老線沿線には、そんな昔の思い出が いくつもある。今日は、そんな懐かしさも感じながら、電車に揺られよう。

駒野駅
行基寺

沿線に目立つのは、みかんの樹である。そろそろ秋も深まり、黄色い実も熟して 来ているようだ。無人駅がいくつか続き、次は4駅先の駒野駅で下車。11:23。 スタンプの図柄は、行基寺である。 天平時代の高僧、行基の墓があり、養老山脈の麓から濃尾平野を見下ろす名刹である。 また尾張徳川家の支藩・高須松平家の菩提寺でもある。

さて、次の電車は1時間後である。どう時間をつぶすかいろいろ迷ったが、結局、 駅前にある小さな喫茶店でハンバーグカレーを食べた。

駒野駅で降りたのは今日が初めてであったが、思い出はある。大学時代、親しかった友人の一人が、 駒野の人だった。彼は毎日、名古屋の大学まで、ここから通っていたのか。1時間半ぐらい かかると言っていたが、なるほど大変な通学であったろうと思う。もう何年も会っていないが、元気だろうか。

美濃高田駅
高田祭り

12:23、一時間待った電車で北に進む。次にスタンプがあるのは養老駅だが、 もう一つ先の美濃高田駅まで乗っていくことにした。12:40着。

風情のある木造駅舎が素敵だが、駅の中を見ると、「10月1日から予定していた 無人駅化は、しばらく延期します」という張り紙があった。「乗って残そう養老線」という旗や幟も 掲げられている。養老線は赤字経営が続いており、存続のための努力が続いている状況だ。

スタンプの絵柄は、高田祭り。3台の山車 が練り歩くのだそうだ。もし10月1日に無人駅化されていたら、このスタンプは押せなかったのかもしれない。押せてよかった。 次の電車は50分後、私は待合室のベンチでうたた寝する。

養老駅
養老の滝

13:32、両方から電車がやってきて行き違いをする。私は桑名行に乗り、一駅、養老駅へ戻る。

駅のホームには、たくさんのヒョウタンがぶら下がっている。 いろいろな形のヒョウタンを組み合わせて作った、大きな駅名票も掲げられている。地元の人が 駅に寄贈したものらしい。また、とても味のある木造駅舎が良い。旅ごころをくすぐるいい駅だ。

この駅の西の山の上にある養老の滝。昔、親孝行な息子が山に入ったところ、滝にお酒が流れて 居たという。それをヒョウタンの水筒に入れて家に持ち帰り、年老いた父親に飲ませた所元気に なったという。「養老」の地名はこの伝説から来ている。

この養老の滝周辺は公園になっており、紅葉の名所である。 息子が小さかった時は、養老鉄道に乗って遊びにきたことがある。 息子は駅に釣り下がっているヒョウタンを見て、珍しがっていたっけ。 滝や、養老天命反転地を歩いたっけ。思い出のある、養老駅だ。

思い出があるのは良いけれど、肝心の電車がない。また1時間待たねばならない。仕方ないので駅前の土産物屋など眺め、ヒョウタンの柴漬け を買った。食用にわざわざ外国で栽培したものらしい。これが結構おいしくて、妻や息子も喜んで食べてくれた。

西大垣駅
水都と芭蕉

14:27の大垣行で、養老駅をあとにする。美濃高田を過ぎてもしばらくは、のどかな田園地帯を 行くが、次第に養老山脈からは離れて、大垣の町に近づく。西大垣は、大垣の1つ手前の駅である。 ここにもスタンプがあるので、下車、14:48。

大垣は、周囲の山からの伏流水が、湧水となって湧き出す所で、スタンプにも水都とある。 芭蕉が登場するのは、この街が「奥の細道」の結びの地であるからだ。この西大垣の駅は 文字通り町の西の端で、周囲にはイビデンをはじめ、大きな工場が建つ。

大垣駅
大垣城

次の大垣行はまた1時間後になるので、大垣駅まで歩こうと思う。 以前、息子と大垣十万石祭りを見に来たことがあり、 その時も歩いたことがある。そう遠くはない。ところが歩き出してしばらくしたら、 タイミング良くタクシーが来たので、ついつい乗ってしまった。5分ほどで大垣駅へ着いたが、 780円も使ってしまい、せっかく一日乗車券で安く済まそうとしたことが、台無しになった。

養老鉄道の大垣駅は、JRの大垣駅の正面西側にある。一日乗車券で改札を入り、清算所で スタンプを押す。図柄は大垣城。大垣は、戸田家十万石の城下町である。

養老鉄道は桑名〜揖斐までであるが、桑名からの電車も、揖斐からの電車も、ここ大垣駅が終点になっており、 二つの区間は完全に別々の路線になっている。これから未乗車の揖斐行に乗りたいが、次の列車はまだ30分以上 待たないと無いようである。そこで、JRの連絡口の方を覗いてみると、5分後に米原行が出る様子である。 JRの隣の垂井駅にも立ち寄りたいと思っていた私は、まずはそちらに乗ることにした。

JR垂井駅
戦国の軍師・竹中半兵衛の里

一旦養老鉄道の駅を出て、15:05発のJRの東海道本線・米原行に乗車する。快走し、次の垂井駅には15:14に着いた。 垂井は、中山道の宿場町としてかつて栄えた。 静かな町のあちこちに、宿場町の趣が残っている。学生の頃、サイクリングの途中でこの辺りの道を走った思い出もあるので、 少し散歩をした。

スタンプに描かれている竹中半兵衛は、戦国時代、後の天下人・豊臣秀吉をささえた名軍師。 この街の西北にある菩提山城 が、竹中氏の居城であった。史跡を回ってみたいが駅から遠く、今日はあきらめて戻ることにする。

大垣に戻り、再び養老鉄道の大垣駅へ。日中は1時間に1本しかなかった電車も、16:00を過ぎて通勤通学の 帰りの時間になり、20分間隔になっている。16:20発の揖斐行きに乗る。電車は大垣の町を離れてさらに北に向かう。 東赤坂を過ぎると田園の中を進み、神戸や、池野といった小さな町の駅にちょこちょこ停車する。終点の揖斐駅へ 着いたのは、16:47であった。

揖斐駅
谷汲山

養老鉄道の駅はどこも、風情のある木造駅舎ばかりだが、この終点揖斐駅もまた、 味のある駅舎だ。写真に収めて、今度はスタンプを押す。 絵柄は、町の北にある、谷汲山華厳寺だ。 西国三十三観音巡礼の結びのお寺である。高校時代、遠足に行った事があって、これまた懐かしい。

もう少しこの終着駅の風情を楽しみたいところだが、乗って来た電車がすぐ折り返す様なので、 乗ることにした。16:50発。わずか3分の滞在になってしまった。

11月になって日が短くなってきた。あっという間に日が暮れて来て、西の空は夕焼けになった。 その下に見える特徴的な形の山は、 金生山 という。ここは石灰岩の採掘がおこなわれているが、その石灰岩の中に、貝やウミユリ・フズリナなどの古生代の 化石が出ることで知られている。私は中学生の時、一時化石に興味があって、あの山に化石掘りに行った事がある。

どうにも養老鉄道沿線は、私にとっては昔から身近な存在だ。いろいろな思い出が点々とちりばめられている。 それらを思い出しながらのこんな近場の旅も、たまにはいいものである。大垣駅に戻り、JRで名古屋への帰途に着く。(了)


後旅 | 前旅 | 次章 | 前章 | 地区頁 | 扉頁

後旅 | 前旅 | 次章 | 前章 | 地区頁