JR西日本岡山支社地区第2期・スタンプ収集旅日記(#114)
    第7章 押せなかったスタンプ -福塩線-

(→これは広島支社印第2章の続きです。)

2010年8月14日(土)、朝から福塩線の上り列車に揺られていた私は、うたた寝をしているうちに 9:31、府中駅に到着した。

福塩線は、この駅から福山駅までは、JR西日本岡山支社の管内に 入る。前回は2007年5月9日に仕事で訪れており、そのときについでに岡山支社印を押したが、 以来3年ぶりである。前回のときは、岡山支社印は福塩線では、この駅にしか設置されていなかった ので、福山までの区間は下車せずに乗車した。もう一度来ることは無いかもな、と思っていた。

ところが私が訪問してわずか2カ月後の2007年7月に、岡山支社印の第2弾スタンプが 設置され、福塩線にも、新市・駅家・万能倉・神辺の4駅に新スタンプが置かれること になった。これはまた押しに行かなければと思ったが、遠い所なので なかなか機会もなく、今日になってしまった。今日はこれらのスタンプを押さねばならぬ。

駅家駅
服部の大池と二子塚古墳

9:39、府中から福山行きの列車に乗る。岡山支社の範囲になったこともあり、 車両のデザインも変わって、前回も乗ったことのある「福塩線カラー?」の 車両になった。田園が広がる田舎の平野、という感じの車窓を行く。

9:57、駅家駅に着く。なかなか旅情を感じさせる駅名だし、駅舎も小じんまりした 古い木造で良い感じだ。スタンプを押す時、駅員さんに「どこからいらしたの?」 と声を掛けてもらった。
  何でも奈良時代から山陽道の駅宿が置かれていたそうで、 それが地名につながっているとか。 スタンプの絵柄、 服部の大池は江戸初期に作られた溜め池。人柱になった娘さんの悲しい伝説があるとか。

さて福塩線は列車本数が少なく、次の電車まで40分以上ある。私は隣の万能倉(まなぐら)駅まで1km程の 道を歩いてみる事にした。すでにこの線区は既乗車だし、時間つぶしにちょうどいい。 スタンプ仲間の人で、この区間を歩いた事を書いた記事を読んでいたからだ。 田園風景の広がる一車線の県道。道の両側には古い蔵を持つ民家も少し残っている。 だが今年の夏は暑く、今日もそろそろ気温が上がって来た。大汗をかいてへたばりそうに なったときに、万能倉駅が見えてきた。ここもまた、こじんまりした木造駅。 営業しているのか、古い旅館が駅前に一軒。

さて、改札口を見るとカーテンが閉まっており、一枚の張り紙。4月1日から無人駅 になったとのお知らせ。ここの駅にあったはずのスタンプを押すすべは、なさそうである。 実は、この万能倉駅と、すでに通過してきた新市の駅のスタンプは、わずか設置後2年で 無人化とともに廃止されたのである。これが地方の鉄道の現実で、私は来るのが 少し遅かったのである。実は、このことは今回来る前から知っていて、無駄足になるのは わかっていたのだが、なんとなく万能倉駅に来てみたかったのだ。 残念だが、いたしかたなし。押せなかったスタンプに思いをはせ、旅を続けよう。

神辺駅
儒学者 菅茶山と 神辺本陣

無人駅だが切符の自動販売機はあって、それで切符を買い、次の10:45の列車に乗る。 次の目的地、神辺駅までは9分、10:54着。 神辺駅は、井原鉄道 との接続駅。伯備線の清音駅、総社駅まで行くことが できる。乗客を増やそうと努力されているようで、豪華な内装を持つサルーン列車、 「夢やすらぎ号」が ホームに入線していた。乗りたくなったが、この後の予定を考えて我慢する。

さて神辺は、旧山陽道の宿場町として栄えた町。古い宿場町の街並みも残っているようなので、 少し歩いてみよう。駅前こそ車が多いが、一本入った旧道は静かである。そこに本陣跡や なまこ壁の残る宿屋らしい旧家が並んでいる。

長い塀に囲まれた神辺本陣は、スタンプに描かれている。この家に生まれた儒学者、 菅茶山 は福山藩に仕え、この地方に文化的に大きな影響を残したそうだ。

駅に戻って一息つく。町の向こうに形のいい山が見えるが、あれは神辺城址とのこと。南北朝時代に城が築かれ、 以来この備後国の中心的な城だった。攻防が繰り返され、結局中国地方の覇者・毛利氏のものになった。だが関ヶ原 の戦いで福島正則が安芸・備後の領主になると、正則は配下の福島丹波を神辺城主として送り込んだ。

日本100名城、其の69
福山城

しかし、福島正則もまた家康に睨まれて失脚し、神辺城には家康の母お大の方の家系の、 水野勝成が封じられる。この経緯、昨日訪問した三次の尾関山城とそっくりである。 水野勝成は、山陽道の抑えという立場から、もっと立派な城を築くことにした。 それが、新幹線からも見える、美しく大きな天守閣を持つ、福山城である。 今日の旅の最後は、福山城でしめくくろうと思う。

11:25神辺駅発の列車に乗り、11:39、終点福山着。すぐにお城に登ろうと思ったが、朝早くからの 行動で少々疲労と空腹を覚える。駅でトンカツなど食べる。

福山には、若いころサイクリングで何度か来たし、仕事でもずいぶん通った。 福山城の天守閣に登るのも、 もう何度目だろうか。今日は日本100名城のスタンプが目的ではあったが、思い出のある場所はいいものだ。 残念ながら太平洋戦争の戦火で天守閣は焼け、再建されたもの。但し伏見櫓だけは焼け残り、築城当時のもの。伏見城から移築したというのだが、 伏見から福山ってすごく離れている。どうやって資材を運んだのだろう。淀川と瀬戸内海を渡ってきた のだろうな、と想像が膨らむ。

まだお昼を過ぎた所だが、家族と名古屋で夕食を食べる約束をしているし、 真夏の炎天下をずいぶん歩いて、疲れも感じる。今日はスタンプ旅はこれまでとしたい。

福山駅の新幹線ホームから優美な福山城の天守閣を眺めながら、列車を待つ。 13:13発の、ひかりレールスター560号に乗車する。お盆休みのこと、列車は混雑していた。 それでもなんとか自由席に座席を確保して帰路に着く。新大阪駅でのぞみに乗り換えて、 午後4時前には自宅に戻った。


後旅 | 前旅 | 次章 | 前章 | 地区頁 | 扉頁

後旅 | 前旅 | 次章 | 前章 | 地区頁