押し鉄のススメ(#583)
JR東日本 懐かしの駅スタンプラリー あの日を追いかけて

2022年2月1日〜3月6日、JR東日本は、東京を中心とした関東で、素晴らしいスタンプラリーを開催してくれた。
題して「あの日を追いかけて・JR東日本懐かしの駅スタンプラリー」

1980年代に全国の駅に設置され、大変人気が高かった「わたしの旅」シリーズの駅スタンプを、復刻して設置してくれたのである。 復刻スタンプの設置数は34。それに加えて、昔は設置されていなかった16駅に、「わたしの旅」スタンプに合わせたデザインの 新スタンプを「限定スタンプ」として新たに設置、全部で50駅を回るというスタンプラリーの企画である。 明確に、オールド駅スタンプファンがターゲットの企画で、左の「10駅分のスタンプが押せるパンフレット」も、昭和の雰囲気たっぷりである。

まさに1980年代、自転車旅行をしながらこのシリーズのスタンプを集めていた私にとって、 これはぜひ参加したいと思わせられる、素晴らしい企画だ。

しかしながら、である。

  ちょうどこの時期、コロナ禍の第6波、オミクロン株の流行と時期が重なってしまった。オミクロン株はこれまで以上に感染力が高く、 過去にない程に急激に感染者が増加、全国にまた「まん延防止措置」が発令されてしまった。 これは、このスタンプラリーを企画したJR東日本の方にとっても、大誤算だっただろう。 コロナ禍が収まった後の、旅行需要回復の為、オールド駅スタンプファンに訴求しようと頑張ってくれたのに。 そのお気持ち、「押し鉄」の私にはとても刺さったのに。本当に残念である。

復刻スタンプ34駅

名古屋に住む私としては、このスタンプラリーの参加のためにコロナ禍のリスクを冒して東京へ行く、という判断は出来なかった。 しかしやはりこのスタンプラリー、大変人気をはくしたようで、関東の押し鉄仲間の方が印影を送って下さったり、 ネットオークションに印影が沢山出品されりした。やはり「わたしの旅」スタンプは素晴らしい。
  私は行けなかったけれども、このページでは、入手できたスタンプ印影を紹介しようと思う。 印影を提供いただいた、押し鉄仲間の、取手さん・三河島さん・ソリティアさんに感謝申し上げる。

まずは復刻されたスタンプ、34駅分が以下である。 復刻スタンプは、昔の物より一回り小さいサイズだったそうであるが、 往年のデザインそのままの懐かしいスタンプに、押し鉄仲間からは「よくぞ復刻してくれた」と歓喜の声が上がっていた。 左の小さいスタンプをクリックすると右側に大きく表示される。更に、右側の表示はスクロールし、 その駅の歴代のスタンプを見ることが出来るので、合わせてご覧いただければと思う。

以下は、パンフレットに掲載されていた、設置駅の地図である。


(クリックで拡大可能)
〇印が復刻スタンプが設置された駅で、◇印が新規に作成された限定スタンプが設置された駅である。 意外と、山手線内は、〇よりも◇の方が多い様である。これは、昔は駅スタンプというのはどちらかと言えば、 地方の観光地の駅に設置されるものであって、東京都心には少なかった事を表している。 「一枚のキップ」シリーズのスタンプのとき、東京都内は設置が少なくなったが、 「わたしの旅」シリーズもその考え方を踏襲した。今の様に東京支社管内すべての駅に常設スタンプが有る、 と言う状況ではなかったのである。

限定スタンプ16駅

さて、以下が今回のスタンプラリーの為、新しく作られた16駅の限定スタンプ達である。 今回はこちらの方がより素晴らしいのでは、とさえ感じる。 まったく昔の「わたしの旅」のスタンプと違和感のないデザインばかりで、 なんだか、これは昔からあったのでは、と思ってしまう程の傑作揃いである。 「わたしの旅」スタンプへの、強いリスペクトを感じてしまう。

このスタンプラリー、スタンプを集めたくなるいろいろな仕掛けが用意されていて、それも素晴らしかった。

最初に、上の画像の「10枚スタンプが押せるパンフレット」にスタンプを集める。 10駅回り終えたら、パンフレットを指定の5駅のNewDays(キオスク)の店舗に持っていくと、 素敵な景品がもらえるのである。それは、昔の時刻表の一部分を復刻した「'22.3 大時刻表」という小冊子である。 内容は、1980年当時の「スタンプ設置駅一覧」「路線図」「関東の時刻表」「駅スタンプの歴史」などであり、 これが読みごたえたっぷりである。上野駅から次々夜行列車が出発する時刻表のページなど、涙物である。

そして「大時刻表」と同時に頂けるのが、50駅押印用のスタンプ帳である。 これをもらったら、残りの駅も回らずにおられようか。もちろん完全制覇した場合の特典もいろいろ設定されている。 なんと素晴らしいスタンプラリーの企画だった事か。参加できなかったこと、大変残念である。

コロナ禍が、いい加減終わってくれることを心から願っている。
そしてJR各社や各地の鉄道会社の方々、こんな素晴らしい企画をまたお願いします。次回こそ、私も参加したい。 減ってしまった旅行需要を回復させるには、駅スタンプが効果的なことは、駅スタンプ90年の歴史が証明していますから。


後旅 | 前旅 | 次章 | 前章 | 地区頁

後旅 | 前旅 | 次章 | 前章 | 地区頁