山形 -日帰り東北出張、空の旅(1)-


08年3月3日。日帰りで山形まで出張である。 山形出張というと、自分の頭の中では温泉 とセットという感覚があるのだが、なかなかそうもいかず、 実際名古屋から日帰りできてしまうのだ。もう何度目だろうか。

10:15、県営名古屋空港= 小牧空港から、山形空港へ 向かう、JAL4323便に搭乗。セントレアが出来てからの 小牧空港は、ローカルないい味が出てきた。長く歩かされることも無く、すぐに飛行機に乗れて便利だ。 中国からの黄砂で名古屋上空は黄色く霞んでいたが、そのうち雲の中へ。 雪に埋もれる北アルプスを眼下に、1時間もしないうち、山形平野へ降下。

白い平野。除雪された道路だけが黒い網のように見える。その中に四角く囲まれた一角が見える。最上義光が 築城した名城、 山形城だ。その周りに 広がるのが県庁所在地・ 山形市の町並みだ。 飛行機が高度を下げると、見渡す限り雪原に見えていた所に、 実は無数の木々が整然と並んでいるのがわかる。夏にたわわな実をつける、 さくらんぼ の果樹園。いよいよ 山形空港に着陸である。

仙台の支店の方に車で迎えに来てもらい、お昼を食べ、午後は ここから程近いお客様の工場に入り、打ち合わせをした。 帰りも山形空港から帰れれば簡単なのだが、名古屋便はこの時間にはすでに無いために、 車で高速を飛ばして、仙台空港まで走るはめになる。毎度のことだ。

山形から仙台へ越える峠は笹谷峠。雪深い道を登り、長いトンネルを行く。カーナビを見ると、 トンネルに重なって、なにやらぐにゃぐにゃした線がある。峠の旧道か、とニヤリ。 20年前、この道を若き私は、自転車旅で越えた。 その自慢を、つい同行の方にしてしまう。

あわただしいだけの、こんな東北日帰り出張をこなしている。 少しは旅情を感じる瞬間はあるのだが、やっぱり 私は、温泉に浸かって、少しは休息も頂戴したい所だなあ。

(→この出張の続きは仙台)



戻る