スタンプ歴史考 -長良川鉄道の周辺-

このページでは、長良川鉄道(旧国鉄越美南線)
の周辺のスタンプを使い、代表的なスタンプシリーズ
の歴史を紹介してみようと思います。
(資料として「駅スタンプの旅SL編・松井信幸著」を
参考とさせて頂きました。)

DISCOVER-JAPAN

駅スタンプの歴史は、戦前からすでに70年以上になるそうです。 旧国鉄が大々的に観光キャンペーンと結びつけてスタンプを全国一斉に設置 したのは1970年のことだそうで「DISCOVER-JAPAN」のコピー が入っているのが特徴。全国1300の駅に一度に設置されたそうです。 押し鉄仲間の間ではDJ印と称したりします。

私がスタンプを集めだしたのが80年以降のことなので、すでに このシリーズのあとのシリーズのスタンプが出てしまっていたため 淘汰されていたのが多く、あまり多くを集められませんでした。 30年以上経過した今では、残っているのは数少ないと思われます。

左のスタンプは、旧国鉄・越美南線の郡上八幡駅と北濃駅のものです。 83年の4月に、友人とサイクリングで名古屋から郡上八幡まで行き、 友人の親戚の家に泊まらせてもらいました。そして次の日に、列車で 北濃駅まで行き、このスタンプを押しました。 (収集日:83年4月4日,5日)

越美南線

越美南線は、高山本線・美濃加茂駅から別れ、郡上八幡から美濃白鳥、 そして北濃まで、長良川に沿って上っていく路線でした。将来は、 福井県側の越美北線とつないで、美濃・越前を結ぶ路線として計画 されていました。しかし結局、つながることはありませんでした。

郡上八幡は、長良川の清流にいだかれた、とても人情あふれる町です。

一枚のキップから

1977年に,DISCOVER JAPANの次の全国的なスタンプ シリーズの設置が行われました。これが、「1枚のキップから」 シリーズです。しかし、設置された数はわずか380だった そうで、私もあまり数多くを押してはいません。

このスタンプは、前のスタンプを押した北濃駅から、 そのまま国鉄バスに乗り、合掌造りの建物を、荘川村まで 見に行ったとき、途中国鉄バスの牧戸駅で押したものです。 同じ国鉄なので、バス駅にもスタンプは設置されていました。 (収集日:83年4月5日)

わたしの旅シリーズ

1980年、画期的なスタンプシリーズが設置されました。 わたしの旅シリーズです。スタンプは内容によって色分け されてカラフルになり、デザインも外側に★印を持つ統一 したスタイルになりました。設置駅の数も多かったようです。 私が一番たくさん集めたのはこのシリーズのスタンプでした。 押し鉄仲間では「旅印」と称したりします。でもこのスタンプが、 それより前からあった古いスタンプを駆逐してしまったとのことです。

右のスタンプは、上記牧戸駅からまた国鉄バスで戻り、 今度は美濃白鳥駅で下車して押したものです。北濃駅は 終着のローカル駅で、合掌造り観光に関しては美濃白鳥 駅をアクセス駅と考えていた、当時の国鉄の考え方が 反映されたスタンプになっています。 (収集日:83年4月5日)

このように、私が旅した83年の越美南線は、3つの 主要なスタンプシリーズが微妙に同居した、面白い 時期だったようです。



長良川鉄道

昭和61年、1986年に、越美南線は第3セクター の長良川鉄道 として再スタートしました。当時の国鉄は 2年後に分割民営化を控え、赤字路線を次々と廃止して おり、第3セクターとして地元出資で生き残れる路線は まだ救いだったと思います。

96年6月30日、長良川鉄道開業10周年後に、 郡上八幡を再訪しました。 福井県側、越前大野から自転車で九頭竜川をさかのぼり、油坂峠 を超えて美濃白鳥・郡上八幡まで走りました。 このコースはかつての越美南線が将来越美北線とつながる夢を 持っていたコースですが、結局つながることはありませんでした。 郡上八幡からは長良川鉄道に乗って帰路につきました。 走っている列車はレールバスで1両のみ。のんびり長良川を何度も 渡りながらゆっくり走るのも、いいものでした。 (収集日:96年6月30日)

多くの路線が第3セクターになったり廃止になったり、残りも JRになり分割されたせいもあり、その後はスタンプに関しても 各社ばらばらな対応になっています。もうあのような全国規模 のシリーズスタンプは望めないでしょう。でもばらばらだから こそ、ユニークなスタンプが今後出るかもしれません。押し鉄 の一人としてはそうあってくれることを願うばかりです。


戻る