燕三条 -新潟県・水害の直後-



お邪魔していいものか悩んだが、お客様がぜひに、 とおっしゃるので、 水害 の出たばかりの新潟・ 三条 に出張した。04年7月16日(金)、駅に降立つと 災害関係のラジオ放送が流れているし、長靴を持った人 たちがあわただしく行き来している。代理店の車で お客様の工場へ、その道中の車の整備工場には、 屋根まで泥だらけの車が運び込まれている。 信濃川 の支流、中之口川を渡る。濁流がとめどなく流れている。 たくさんの白鷺が、川原の木の上で身を寄せ合っている。 本当に水害お見舞い申し上げたい。

仕事自体は順調に終わったが、なにぶん新潟は遠い。 帰っても夜中になってしまう。明日は土曜日で休みなので、 このまま泊まることにした。水害中だし、 ホテルが取れるか心配 したが、何も問題なくOKだった。ホテルの部屋から町と 駅を見下ろす。きれいな田園が広がっている。

新潟は、低湿地である「潟」を開いて営々と米を 作ってきたクニである。その歴史は水との戦い。治水を行い、 信濃川水系と付き合ってきた。 地場産業である 洋食器などの金属加工業 も、 治水のための農器具から発展した。 駅にはその製品を展示するショーケース が並んでいる。すべては「潟」から始まっているが、 その「潟」の水との戦いはまだ続いているということか。

(この出張の続きはこちら)


戻る