馬主来湿原二人


8月4日。厚内を出てさらに西へ。加藤さんは今日も時間が許す 限り一緒に走ってくれるとのこと。今日はとてもよい天気、青空が 広がり、右手の海の青さが心地よい。十勝支庁が尽き、釧路支庁に 入る。直別・尺別・音別と、3つ町を抜ける。別というのはアイヌ 語のペツから来ていて、川のことだ。みな町といっても100m ぐらいしか人家が続かない。本当に北海道の町は小さい。

 海岸近くに、根室本線の列車も走っている。特急おおぞらが、 すぐ横を、釧路に向かって走り去っていく。その後は静寂、 眼前に広がる海はとても静かだ。サケが連れるらしく、釣り糸を たれている人がちらほら。そんな場所で、「まちぼうけ」で作って もらったおにぎりを食べて、昼食。店なんて本当にないのだ。 海岸で波の音を聞いたりしながら、加藤さんとあれこれ話しながら のんびり休憩した。

 パシクルと読むんです、と加藤さん。馬主来という地名を 読みかねていた私に教えてくれた。ここは湿原になっていて、 面白いので行ってみましょう、と加藤さん。少しダートの道を 横道に入ってみた。突然数頭の乳牛が目の前を横切って、びっくり した。どうも牧場の中でもあるようだ。本当に自然だけの世界だ。 いろいろな花が咲き、短い夏を彩っている。こんな、加藤さんとで なければとても出来ないような北海道らしさ満喫の旅であったが、 次の白糠の町で、加藤さんと別れることになった。明日から仕事の ある加藤さんは、そろそろ札幌に帰らねばならない。 本当に素敵な旅をありがとうございました!


後から考えると、加藤さんと自転車で旅をしたのはこれが最初で 最後(?)だったのだが、私はこの後さらに3年、毎年夏、北海道を 旅することになり、そのたびに加藤さんにお世話になることになる。 本当に我が北海道の旅の恩人である。その日、加藤さんと別れた私は さらに西へと海沿いを走り、釧路まで走った。釧路まきばYHが その日の宿であった。

(続く)



北海道の夏のページへ