押し鉄とは?


わたしの旅シリーズ
(室蘭本線・東室蘭駅)
駅スタンプを集める鉄道マニア

列車に乗ることを主体にする「乗り鉄」、写真を とることを主体にする「撮り鉄」などと言う鉄道 マニアの分類に、「押し鉄」と呼ばれる集団が あります。駅に設置されている記念スタンプ を収集するマニアのことです。

「駅スタンプの旅SL編(松井信幸著・笊カ庫)」 を本屋で見つけ、読むうちに自分が紛れもなく この「押し鉄」の集団に属する人間であることに 気がつきました。そしてその自己存在証明のため、 すぐにこのページの作成を決意しました。

では、私のスタンプ収集歴を語らせて頂きます。

エンドレスに楽しめる
旅の思い出コレクション

20年以上前。中学の時、ある友達(川合賢一氏)が、 記念スタンプのコレクションを見せてくました。 それはどこにでも売っているコクヨの一番小さいサイズ のノートに、スタンプを押したものでした。それ以来、 この友人の押し方をそのまま真似するようになりました。 私とその友人の共通の趣味は自転車旅行。その道程に 駅に立ち寄り、スタンプを押して集めるのがスタイル で旅をしました。日本全県自転車走破をしたぐらいですから、 相当な数を集めたものです。 その後、自転車旅行をあまりしなくなった今でも、 出かけるときにはスタンプ帖を忘れずに持っていきます。

駅スタンプは10年ぐらいで新しいものへ更新 されることがあります。そうなると、昔旅した場所への 思い出を訪ねてもう一度、その駅へ行ってみたくなります。 まさに、エンドレスに楽しめる、旅のコレクションなのです。 さあ、あなたも一緒に集めてみませんか?

駅スタンプの旅(SL編)


名古屋駅のスタンプ台

私のスタンプ帳はすでに300冊

中学の時に始めたスタイルのスタンプ帖。 旅先でも、全国どこでも手に入る、コクヨの 普通の小さいノートを使っています。紙に横線が 入っているのがスタンプ帖としては難かもしれ ませんが、自分だけの楽しみのためのものなので 特に気にしていません。また印面のきれいさにも あまりこだわっていませんでした。ただ押すときの 失敗を考え、必ず2回づつ同じスタンプを押すこと にしていた。すでに300冊以上。集めた スタンプの数はすでに6000程になるでしょう。 今も出かける時には必ず1冊ポケットにしのばせています。

一番のお気に入りスタンプ
  指宿枕崎線・山川駅

駅のスタンプは、スタンプ自体が擦り切れて いたり、スタンプ台のインクがなくて薄くしか 押せなかったりして、なかなかきれいなもの が入手できません。なのでマニアの人は、自分で マイスタンプ台を持っていくのです。最近は また駅スタンプブームが起こりつつあり、各地 の鉄道駅にスタンプが設置されつつあります。

私が押した一番のお気に入りのスタンプを 紹介ます。九州全県走破を目指した サイクリングのとき、鹿児島県・指宿枕崎線、 山川駅で押した、この一枚です。 この地方に生息する、ツマベニチョウをデザイン したものです。このスタンプを押したとき、感動した のを今も覚えています。美しいスタンプです。 (収集日:87年3月20日)


戻る