押印登城記・日本100名城
    第2話・岩村城 -銘酒・女城主の甘酒-

息子がインフルエンザで熱を出した。39度まで熱が上がって大変心配したが、 医者にタミフルをもらって投与し寝かせたら、なんとか熱は下がってほっとした。 さて、インフルエンザは治り始めが染りやすいもの、明日の仕事を休むわけ に行かない私は、感染をさけるため、息子を妻に任せて一人出かけることにした。

09年11月8日(日)、秋の空が 広がるさわやかな日。息子と一緒に行けないのが残念だが、あの城に再訪することに しよう。中央線で名古屋から一時間弱。岐阜県恵那駅、11:41。 ここから第3セクターの明知鉄道 に乗る。十数年ぶりの乗車である。

恵那駅(明知鉄道)
山と水の恵那峡と中山道の宿場町

恵那駅を出た列車は、坂を登っていく。たちまち恵那の町が眼下になっていく。 収穫を終えた山間の棚田の田園風景に、ススキの穂がたなびく。秋まっさかりである。 乗客は結構多くて、席が埋まっている。明知鉄道は旧国鉄の路線。この先、岩村・山岡・明知 といった町を結んでいる。

途中の駅で、たくさんの観光客が狭いホームで待っている。この列車は2両編成なのだが、 一両は無人だったので何だろうと思っていたが、どうやらこの団体観光客専用だったようで、 ドヤドヤと乗り込んできた

この駅の名前、 「極楽」という。 昨年(2008年)に開業した新しい駅なのだが、縁起のいい名前のため、この駅を訪問する観光ツアーがあるようだ。 その昔この近くにあった、極楽寺というお寺が駅名の由来だとか。何にしても地方鉄道にお客がたくさん来るのはめでたい

岩村駅(明智鉄道)
歴史とロマンの岩村城址と城下町

極楽の次が今日の目的地、岩村である。12:00頃到着、ホームに降りると、駅のたたづまいが実に良い。 手動式のポイント切替え機、木造の駅舎にベンチ。なんとも懐かしい感じだ。 その駅舎にあった、ちょっとボロボロ気味になった観光スタンプを押す。

岩村の町は、鎌倉時代から続く城下町。源頼朝に仕えた遠山景廉という武将が、この地を与えられたのに始まる。戦国時代、ここは武田氏と織田氏の領地争いの最前線となり、織田信長はこの遠山氏と同盟するために、自らの叔母を城主の妻として送り込んだという。

これから、日本100名城の一つ岩村城へ行こうと思う。駅から城まではかなりの距離と登りになるので、タクシーを使う事にした。タクシーは、古い店が並ぶ城下町を抜けて、山道の国道をさらに登って行く。

実は私は若い頃友人と2人で、この国道の先の峠道を、愛知県側から自転車で越えて来たことがある。もう25年程前のことである。岩村城の存在を知らなかった私たちは、城跡の案内版に興味を覚え立ち寄ってみた。予想もしない巨大な石垣がそこにあり、圧倒されたことを覚えている。岩村城は標高700mを超える日本一高い所に立つ山城で、日本三大山城のひとつとされている。巨大な石垣を擁する堅固な作りは、戦国時代の激しい攻防を物語っている。

日本100名城、其の38
岩村城

タクシーで約1500円。駐車場から本丸までは一登りである。ここまでくると紅葉も 一段と進んでいる。赤く色づいたモミジがなんとも美しい。本丸跡に、お金を入れると解説が聞ける機械が あった。100円玉を入れると、周囲の静寂を破り、スピーカから大音響の音楽と共にこの城の歴史が語られ 始めた。

武田信玄の家臣、秋山信友が岩村城を攻めたとき、城主遠山氏は病死しており、信長の叔母・ おつやの方が 実質的な城主であった。抵抗していた城方だったが、最終的には秋山軍に屈する。おつやの方は秋山と 結婚することで、この地域の平和を保つこととした。それは大きな決断だったに違いない。

だがそれは、織田信長から見ると重大な裏切りであった。信玄の死・長篠の戦いを経た3年後、 信長は岩村城を猛攻撃で陥落させ、そのままの勢いで甲斐に乱入して武田氏を滅ぼす。 秋山とおつやの方は、磔になったという。スピーカーからの解説は、そんな悲しい物語。 その後も城主が目まぐるしく変わったこの城には、そのたびに石垣が高く積まれていった。 そんな石垣を眺めながら歴史資料館まで約30分、山をひたすら下る。急坂で膝が痛くなる。

江戸時代の岩村は丹羽氏や松平氏が治め、静かで平和な城下町だった。城に続く一本の坂道の 両側に今に残る古い城下町は、見事なものである。そんな城下町の一軒の醸造元が気になった。 「女城主」という銘酒を作っている、 岩村酒造。店の中の見学ができるとの事で、入ってみると、 店の奥まで2本のレールが伸びている。酒を蔵まで運ぶトロッコの線路だそうだ。「女城主」とは もちろん、信長の叔母、おつやの方のこと。岩村の戦国ロマンを今に伝えるいい名前だ。

お土産に一本買おうと思ったが、清酒よりもその横の甘酒に目が行った。家でインフルエンザ と戦っている息子に、これを飲ませてやったら元気になるんじゃないかな。ぜひ買って帰ってやろう。 甘酒を下げて、気持ちの良い城下町を岩村の駅まで歩いて帰る、私だった。(了)


戻る