大洲 -愛媛県-

97年11月28日、 松山空港 からバスでJR松山駅へ、さらに特急 宇和海で 大洲まで。 大体2時間ぐらい。明日の仕事 の打合わせのために今日は大洲で前泊であるが、まだ日が 落ちるまでに2時間ぐらいありそうなので、重い荷物は宿に 置いて、大洲の町を散策 してみよう。

大洲は内陸の城下町。町の中を流れる肱川では、今も鵜飼 が行われる。肱川橋を歩いて渡りながら、城跡の山や、 鵜飼舟を眺める。すでに日が西に傾き始めていた。

 肱川橋を渡って、左に曲がり、川に沿って進むと、 おおず赤煉瓦館 が見えてくる。明治30年代に 大洲商業銀行として建築されたものだそうである。 今は、内部を改装し大洲のいろいろな特産品を 販売している。

ここから少し歩くと、あたりは武家屋敷と明治の 商家の雰囲気を色濃く残す古い町並みになる。 「おはなはん通り」という。 昭和41年に放映 されたNHKのドラマのロケ地として使われて有名 になった。しかしかなり土壁の崩落などが進ん でおり、そろそろ修復の措置を施さないと この雰囲気が残せなくなるのでは?とちょっと 心配になった。

歩く方向を変えて、城跡の方に向かう。肱川の下流 方向に歩くことになる。道が折れ曲がり、ますます 城下町の雰囲気が強くなってくる。この城は、今は それほどの規模は感じさせないが、脇坂氏の築城時 には四層の天守閣が作られており、今の松本城の ような感じであったという。

この旅の時には、櫓しか残っていない天守台跡 から肱川を眺め、往時をしのぶしかなかったが、 そのあと、 天守閣復元の工事が始まっており、 2004年には復元が完了するとのことである。 完成したら、もう一度こなければなるまい、と思っている。

脇坂氏の後やってきた、外様大名・加藤氏により、 城下町は整備され、この加藤の殿様の善政により、 少しづつ大洲は豊かな町に育っていったようである。

寅さん映画、第19作の 「男はつらいよ・寅次郎と殿様」 では、嵐寛寿郎がこの加藤の殿様の末裔に扮し、 寅さんとかけあう、という話になっていた。 加藤の殿様は、本当にそんな親しみやすい殿様 だったのではないか、と思ったりする。

本当に日が傾いてきてあたりが暗くなってきた。 宿にもどるとしよう。


戻る