私の自転車日本全県走破 第9章(11)

九州最後の県


 起伏の多い海岸線となり,小さな島もいくつか浮かんでいる.しばらく走ると,
やっと九州最後の未走破県,宮崎県の標識が見えてきた.この旅の目的をついに果たし
たことになる.宮崎91km,日南38km,都井岬33kmとある.串間市である.
串間は私のような名古屋の人間にとっては,中日ドラゴンズのキャンプ地としてニュース
でおなじみのところである.ここがそうか,という感じだ.ここから南にある都井岬は,
野生馬が放し飼いにされていることで有名だ.行ってみたかったが,都井岬YHは小さな
YHで,春休み本番となった今日は,もう予約で一杯だと言うことで断わられてしまった.
佐多岬と言い,都井岬と言い,残念である.それで私は,日南までで終えようと思って
いた旅を,宮崎市までにして,その穴を埋めることにした.従って旅はあと91km,
明日一日となった.串間の町を過ぎるとまた山道となり,日南線の線路に沿って国道
220号線を行く.

 山の中の無人駅,日向大塚でしばらく休憩した後,一気に今日の宿,日南海岸YH
まで走る.南郷町で海に出る.そのまま外洋の日向灘である.次が大洞津の港町で,
さらに次が油津.けっこう大きな港町である.この町の北の岬の突端にあるのがYHで
ある.私は今日の旅はもう少し時間がかかると思っていたので,YHの夕食は断わって
あったが,思ったより早く着いてしまったので,この町で食べて行くことにする.純和風
の定食を大衆食堂で食べた後,YHに向かった.岬の高台から油津の港を見おろす.
この湾には島が多く,遠く大島の他,近くには列をなして並ぶ七つ岩が海の中から突き出
している.YHは県立であり,南のリゾートとしてなかなかいい場所にあると思う.明日
はいよいよ宮崎の町に入る.最後の旅になるだろう.あと60km程か.日向灘の波の音
を聞きながら,明日に備えることにした.


 3月22日.走るのは今日が最後だ.天気が良くないが,そのうち晴れると言うことな
のでなんとかなるであろう.YHのある岬を下り,油津の町を後にして,まずは日南市の
中心地,飫肥の町を目指す.飫肥は伊東氏の城下町.町のあちこちに武家屋敷が残り,
優美である.軒先の水路にはきれいな水が流れ,さりげなく錦鯉が飼われていたりする.
私は飫肥城の跡へ行った.復元された大手門や,歴史を感じる石垣が立派である.この城
が伊東氏の物になったのは1562年,伊東義祐が島津から奪い取った時で,この時が
伊東氏の全盛期であった.やがて九州一円を支配した島津家が力を延ばし,この城も奪
われた.何度も奪取戦が繰り返されたが,豊臣秀吉の九州出兵に島津が屈した後,伊東氏
の城として落ちついたのである.島津と伊東の血で血を洗う歴史がこの城には眠っている.


自転車全県走破のページへ